プレスリリース

2014年09月12日



アドテクスタジオ、「AMoAdネイティブ広告」の提供を開始
~メディア向けの編集機能で最適な広告表現を可能に~

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)のアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、連結子会社である株式会社AMoAd(アモアド)が提供するスマートフォンアドプラットフォーム「AMoAdネットワーク」において、「AMoAdネイティブ広告」の提供を開始いたします。

ネイティブ広告とは、掲載するメディアの特性に合わせ、コンテンツ性の高い広告を配信する広告手法です。昨今のスマートデバイスやSNSの普及に伴い、インターネット上の情報量が膨大化するなか、コンテンツ性の高いネイティブ広告が注目を集めています。
このたび提供開始する「AMoAdネイティブ広告」では、閲覧者がより深い理解や関心を示すようなコンテンツ性の高い広告を、「AMoAdネットワーク」が保有する優良メディアにおいて掲載することが可能になります(※1)。また、ウェブブラウザとアプリの両掲載面を横断したリターゲティングやデモグラフィックターゲティングなど、「AMoAdネットワーク」の配信機能を活用することで、ターゲットを絞り込んだ表示ができ、更なる広告効果の向上を図ります。

▼「AMoAdネイティブ広告」掲載イメージ図


今後は、掲載メディアにて広告デザイン、フォーマット、広告原稿などのクリエイティブ編集が行える機能を開発し、各メディアの特性に合わせた最適な広告表現を展開してまいります(※2)。

本サービスは、広告主企業の広告効果の最大化に貢献するとともに、スマートフォンメディアの広告収益向上を支援するものです。2014年8月末よりβ版として一部の企業のみ限定的に配信をしており、10月より正式に販売を開始いたします。掲載メディアのリクルーティングなど更なるサービスの開発、拡充を積極的に行い、2014年12月までに導入社数100社を目指します。

※1 
当社が提供する「AMoAdネイティブ広告」は、米国のオンライン広告業界団体IAB(Interactive Advertising Bureau)が2013年12月に発表したIABネイティブアド・プレイブック(http://www.iab.net/media/file/IABNativeAdvertisingPlaybook.pdf)のガイドラインを踏まえ、適切な情報提供を行えるように配慮いたします。
※2 編集機能は10月末までに開発予定です。

 

■アドテクスタジオとは

サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織。ダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst」、プライベートDMP「RightSegment」、スマートフォンネイティブゲームに特化したプライベートDMP「GameAudience」、スマートフォンゲーム提供企業向けDSP「GameLogic」をはじめ、既存プロダクトの「AMoAd」や「CAリワード」「CAMP」といったアドテクノロジーを開発。

■「AMoAdネットワーク」提供会社概要

社名 株式会社AMoAd
所在地 東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ23階
設立 2011年4月28日
代表者 代表取締役社長 竹林史貴
事業内容 スマートフォン向けアドプラットフォーム事業


本リリースに関するお問い合わせ

株式会社サイバーエージェント アドテクスタジオ 広報担当
E-mail: adtechstudio_pub@cyberagent.co.jp