DSP - スマホ広告用語集

DSP

Demand-Side Platformの略。

広告主(購入者)側の広告効果の最大化を支援するツールのこと。
広告主が行う、広告在庫の買い付け、掲載面、クリエイティブの分析、入札単価の調整、オーディエンスターゲティングなどを一元管理できる。

広告主側を支援するDSPに対して、Web・アプリメディアの収益最大化を支援するツールは「SSP(Supply-Side Platform)」と呼ばれる。

DSPとSSPは、純広告のような1対1の売買ではなく、複数対複数で接続して広告枠の競争入札を行う「リアルタイム入札」(RTB)を実現する。